Twitterに会社がゴミであると投稿した労働者を特定し、直接削除請求した事例

Twitter

事例の詳細

依頼者である企業は、twitterにて、会社が「ゴミ」である旨やリクルート活動において不正を働いているなどといったつぶやきが繰り返されており、リクルート活動への悪影響を心配していました。

依頼者において、信用を毀損するつぶやき以外についても内容を慎重に確認したところ、投稿の時期や内容から対象となる労働者を特定することができました。

幸い労働者が直接特定できたことから、当該労働者に宛ててつぶやきの内容が会社の信用名誉を毀損することを指摘して直接削除を請求して警告したところ、速やかに該当の投稿が削除されました。

インターネット上の
誹謗中傷・名誉毀損に関するご相談

初回相談30分無料

※30分以降は、30分毎に5,000円(税抜)の有料相談となります。
※30分未満の延長でも5,000円(税抜)が発生いたします。
0120-356-289 平日10:00-20:00

インターネット上の悪質な書き込み削除請求のご相談

0120-356-289 平日10:00-20:00

インターネット上の悪質な書き込み削除請求のご相談

mail

lineLINEで相談

local_phone